キルギスの内閣総辞職=改憲案めぐり連立に亀裂

キルギスの内閣が26日、総辞職した。アタムバエフ大統領率いるキルギス社会民主党が、連立相手のアタ・メケン党と対立して連立内閣を離脱したことを受け、政権維持が困難となったため。キルギス社会民主党は今後、新連立内閣の結成に取り組む。新内閣が任命されるまでは、現内閣が暫定的に職務を続行する。

連立内閣は昨年11月に発足。両党のほかに、キルギスタン党とオヌグー(Onuguu)進歩党が参加していた。議会(一院制、定数120)では4党合わせて80議席を確保し、このうち37議席をキルギス社会民主党が占めていた。

しかし、キルギス社会党が提出した憲法改正案にアタ・メケン党が反対したため、キルギス社会党は24日に連立を離脱していた。キルギスタン党とオヌグー進歩党は共に憲法改正案を支持している。この憲法改正案は、首相の権限を拡大する内容。アタムバエフ大統領は来年末に任期を迎えた後、首相に就任する可能性もあるとみられている。ただ、同大統領はこれを否定している。

アタ・メケン党のオムルベク・テケバエフ党首とアタムバエフ大統領は、2005年のチューリップ革命および2010年のキルギス騒乱で当時の強権的な政権の打破に向け共闘した仲だが、今回の改憲問題をめぐって亀裂が深まっており、政情不安につながる恐れもあると懸念されている。


関連国・地域: キルギス
関連業種: 社会・事件政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

キルギスで貨物機墜落=少なくとも37人死亡(01/17)

キルギスのマナス国際空港付近の村で16日午前7時30分ごろ(現地時間)、ACT航空(トルコ)の貨物機が墜…

続きを読む

イスタンブールのナイトクラブ銃撃、ISが声明(01/03)

トルコの最大都市イスタンブールのナイトクラブ「レイナ(Reina)」で1日発生した銃撃事件をめぐり、イスラ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン