マルタ空港で仏国防省の小型機墜落、5人死亡

マルタ国際空港で24日午前7時20分ごろ(現地時間)、仏国防省の小型探査機が墜落し、民間人2人を含む計5人が死亡した。マルタで平時に発生した航空事故としては、過去最大の被害となった。ロイター通信などが伝えた。

目撃者の情報などによると、機体は離陸直後、滑走路付近に向かって真っ逆さまに墜落し、炎に包まれてばらばらになった。同省は、犠牲者のうち3人は職員で、残りの2人は民間の請負業者だと明らかにした。

マルタ政府は、同機は地中海での人身取引と違法薬物密輸を追跡するフランスの任務を担っていたと説明。リビア北部のミスラタ(Misrata)に向かう予定だった。仏国防省が事故原因を捜査している。


関連国・地域: フランスマルタアフリカ
関連業種: 医療・薬品運輸・倉庫社会・事件政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

マルタ航空、アリタリアの出資交渉が打ち切り(01/17)

マルタ観光省は、マルタ航空への出資をめぐる伊アリタリア航空との交渉が打ち切られたと発表した。これによ…

続きを読む

ユーロ圏失業率、過去7年で最低の9.8%を維持(01/10)

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは9日、2016年11月のユーロ圏19カ国の失業率(季節調整済み)が9.…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン