小売りメトロ、通期は1.4%減収 為替差損が逆風=事業分割計画は順調

小売りで独最大手のメトロ・ グループは19日、2016年9月通期の売上高が584億ユーロとなり、前年同期比1.4%減少したと発表した。為替差損が逆風となった。事業をスーパー・卸売りと家電量販に2分割する計画は順調に進んでいるという。

既存店・恒常為替レートベースでは0.2%の増収。うち会員制卸売りスーパー「メトロ・ キャッシュ&キャリー」は4四半期を通じて増収を確保し、0.6%増えた。家電量販の「メディアマルクト/サターン」は0.1%拡大。一方、大型スーパーの「レアル」は1.1%減少している。

9月末時点の総店舗数は2,064店舗で、1年前から4店舗の純減だった。

同社は、「メディアマルクト/サターン」を注力事業と位置付け、新たな社名の下で再出発を図る一方、「メトロ・キャッシュ&キャリー」と「レアル」をメトロ本体から切り離す計画を掲げている。順調に行けば2017年半ばまでに完了する見通し。

クリスマス商戦については、明るい見通しを示している。[M&A]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 経済一般・統計電機食品・飲料金融・保険商業・サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ランボルギーニ、タイでSUV「ウルス」発売(02/24)

高級スポーツカーをタイで販売するニッチカーは、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下の超高級スポ…

続きを読む

通信テレフォニカ、第4四半期は黒字復帰(02/24)

スペインの通信大手テレフォニカは23日、第4四半期(2016年10~12月)の純利益が1億4,500万ユーロとなり、…

続きを読む

レゴの屋内型アトラクション、ハンガリー進出へ(02/24)

娯楽施設の運営を手掛ける英マーリン・エンターテインメンツが展開する「レゴランド・ディスカバリー・セン…

続きを読む

独GDP成長率、改定値も0.4% 消費支出や投資好調で伸び加速(02/24)

ドイツ連邦統計庁は23日、2016年第4四半期(10~12月)の国内総生産(GDP、季節要因・稼働日数調整済み…

続きを読む

GfK消費者信頼感、3月は4カ月ぶりに悪化(02/24)

市場調査会社GfKは23日、ドイツの3月の消費者信頼感指数が10ポイント(予測値)となったと発表した。前…

続きを読む

自動車PSA、通期は78.8%増益(02/24)

仏自動車大手PSAグループ(旧PSAプジョー・シトロエン)は23日、2016年12月期の純利益が21億4,900万ユ…

続きを読む

化学ヘンケル、通期は6.9%増益(02/24)

独総合化学大手ヘンケルは23日、2016年12月通期の純利益が20億5,300万ユーロとなり、前年比6.9%拡大したと…

続きを読む

タカタ、独子会社を米トランスディグムに売却(02/24)

自動車部品大手タカタ(東京都品川区)は23日、独子会社シュロート(Schroth)・セーフティー・プロダクツの…

続きを読む

投資Aton、南ア建設会社の25%株式を取得(02/24)

独投資会社Atonは、傘下のATMホールディングを通じて南アフリカの建設大手マレー&ロバーツ(M&R)・…

続きを読む

公益事業ヴェオリア、通期は15.1%減益(02/24)

仏水道・廃棄物処理大手ヴェオリア・エンバイロメントは23日、2016年12月通期の純利益が3億8,220万ユーロと…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン