モビリティー事業で新ブランド VW、将来性高い分野に本腰

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は28日、自動運転車やカーシェアリングなどのモビリティーサービス事業の新ブランドを立ち上げる方針を明らかにした。グループの13番目のブランドとして、将来性の高い新分野に本格的に取り組む。新ブランド名は11月に発表する予定。

Thumb 20160930 de 201 web

VWのEVコンセプトカー「I.D.」(同社提供)

同社は既にモビリティーサービスの新部門を設置。5月に3億ドルを出資した配車サービスのゲット(Gett、イスラエル)との新サービスのほか、独自のシャトルサービスの準備を進めている。将来的に都市部での自動運転技術が実用化されれば、自動運転によるシャトルサービスも実施する考えだ。

マティアス・ミュラー最高経営責任者(CEO)は「今後、多くの人々が車を持たない時代が来る」とした上で、「同社が今よりはるかに幅広いモビリティー概念を提供すれば、こうした人々も何らかの形でVWの顧客となる」と話している。同社は排ガス不正問題を受け6月に発表した2025年までの新事業戦略で、モビリティーサービスと電気自動車(EV)に注力する方針を打ち出している。

■EVコンセプトカーを初披露

VWは28日、パリ・モーターショー開幕前夜のイベントで次世代電気自動車(EV)の新コンセプトカー「I.D.」を初披露した。2020年に商業生産を開始する予定。

「I.D.」は同社初のEV限定モデルとなる。5ドアの小型車で、サイズはVW「ゴルフ」とほぼ同じ。価格も「ゴルフ」と同水準を予定する。連続走行距離は最大600キロメートル。2025年には完全自動運転技術を搭載した「I.D.パイロット」を発売する計画だ。

同社は2025年までにバッテリー式EV(BEV)30モデル以上を発売する方針で、EV販売台数を200万~300万台に拡大し、販売台数全体に占める比率は20~25%に引き上げる目標を掲げる。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツフランス中東
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インフレ率、1月は2%到達も ECBの目標水準に=連銀月報(01/24)

中銀のドイツ連邦銀行は23日発表した月報の中で、ドイツの1月のインフレ率が2%に達し、4年ぶりに欧州中…

続きを読む

ユーロ圏財政赤字、対GDP比1.7%に悪化(01/24)

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは23日、2016年第3四半期(7~9月)のユーロ圏19カ国の財政赤…

続きを読む

政府、ソフィア空港の入札期限を再度延長(01/24)

ブルガリア政府は、ソフィア空港の35年間の運営権をめぐる入札期限を5月19日まで延期すると発表した。入札…

続きを読む

欧州委、ドイツ鉄道とシュナイダーの買収案承認(01/24)

欧州委員会は、ドイツ鉄道(DB)と仏電機大手シュナイダー・エレクトリックによる独新興企業イノ・ツー・…

続きを読む

州立銀ノルトバンク、売却手続きを開始(01/24)

ハンブルクを拠点とする州立銀行HSHノルトバンクは、売却に向けて入札に対する関心表明の受け付けを開始…

続きを読む

ドイツ、難民申請者の帰国支援に4千万ユーロ(01/24)

ドイツ政府は今年、難民申請者の帰国支援に4,000万ユーロを拠出する方針だ。背景には、審査中の申請件数が難…

続きを読む

印外国投資促進委、仏サノフィなどのFDI承認(01/24)

インド財務省の外国投資促進委員会(FIPB)は、海外直接投資(FDI)案件6件を承認した。 承認され…

続きを読む

ドイツ、鳥インフルで4.5万羽を殺処分(01/24)

ドイツ北東部のブランデンブルク州で七面鳥4万5,000羽が殺処分された。同州南東部ダーメ・シュプレーワルト…

続きを読む

中国・第一汽車、天津にVW向け物流・部品拠点(01/24)

中国自動車大手の中国第一汽車(一汽集団)の傘下企業3社は、天津市の天津経済技術開発区に物流拠点や部品…

続きを読む

メルセデス、豪で過去最多の3.6万台超を販売(01/24)

独自動車大手ダイムラーの高級車部門メルセデス・ベンツは、2016年のオーストラリア市場での乗用車(商用車…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン