アゼルバイジャン、大統領権限を強化に賛成多数

アゼルバイジャンで26日、大統領権限を強化する憲法改正案の是非を問う国民投票が実施され、賛成が反対を大きく上回った。任期が現在の5年から7年に延長されるなど、アリエフ大統領の強権的な支配体制が一段と強まる格好だ。BBC電子版などが27日伝えた。

中央選挙管理委員会によると、投票率は69.7%だった。改憲案は大統領が随時、議会を解散できる権限や、複数の副大統領ポストの新設なども規定。これまで35歳だった大統領候補の最低年齢制限も撤廃され、アリエフ大統領の19歳の息子を後継者に据える世襲への布石とみられている。

これに対して、欧州の憲法監視団体や国際人権団体からも批判的な意見が出ているものの、与党「新アゼルバイジャン」はこうした見方を「政治的な動機に基づく根拠のない主張」と反論。国民も改憲に概ね好意的だという。


関連国・地域: アゼルバイジャン欧州
関連業種: 政治

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン