若者の大麻使用率、トップはチェコ

欧州で若者の大麻使用率が最も高いのはチェコ――。酒類・麻薬に関する学校調査プロジェクト(ESPAD)が20日、このような調査結果を明らかにした。

調査は2015年、16歳を迎える欧州35カ国の生徒9万6,043人を対象に行われた。過去に大麻を使用したことのある若者の割合は、チェコが37%と最も高い。2位はフランスとモナコで共に31%、3位はリヒテンシュタインで30%だった。認可を受けたカフェなどでの大麻購入と吸引が合法なオランダは22%と、トップ10に入らなかった。なお、35カ国の平均は16%だった。

男女別平均は、男子が19%、女子が14%で、ほとんどの国で男子が上回った。男女差が大きかったのはアルバニア、ジョージア、リヒテンシュタインで、いずれも10ポイント以上の差がある。

ESPADが併せて発表した若者の喫煙と飲酒に関する調査によると、過去30日の間に「喫煙した」と答えた16歳の若者は欧州全体で平均21%。「酔うまで酒を飲んだ」としたのは35%だった。ただ、いずれも低下傾向にある。


関連国・地域: フランスEUリヒテンシュタインモナコオランダチェコジョージア
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料医療・薬品商業・サービス社会・事件政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

防衛サフラン、航空機器ゾディアック買収で合意(01/20)

防衛・通信機器や航空エンジンを手掛ける仏サフランは19日、仏航空機器大手ゾディアック・アエロスペースを…

続きを読む

「英国を自由貿易のリーダーに」 メイ首相、ダボス会議で演説(01/20)

英国のメイ首相は19日、世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)で演説し、欧州連合(EU)…

続きを読む

英の単一市場撤退は打撃 VDA、自由貿易必要と訴え(01/20)

英国の欧州連合(EU)単一市場からの撤退は、英国とEU加盟各国の両方の経済に打撃を与える――。独自動…

続きを読む

<連載コラム・自動車産業インサイト>第11回 新年の懸念事項は政治的リスクと排ガス規制強化(01/20)

欧州の新年は、悲劇的な幕開けとなった。元旦の未明、トルコの最大都市イスタンブールのナイトクラブで銃乱…

続きを読む

アイルランドのインフレ率、12月はゼロ%(01/20)

アイルランド中央統計局(CSO)は19日、2016年12月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比から横ばいに…

続きを読む

欧州中銀、金利をゼロ%に据え置き(01/20)

欧州中央銀行(ECB)は19日開いた政策理事会で、ユーロ圏の市場介入金利(最重要の政策金利)を過去最低…

続きを読む

HSBCとUBS、ロンドンから1千人移管も(01/20)

金融大手の英HSBCホールディングスとスイスのUBSは、英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、ロンドンの…

続きを読む

オランダ、欧州医薬品庁の移転先に名乗り(01/20)

英国の欧州連合(EU)離脱に伴う欧州医薬品庁(EMA)のロンドンからの移転をめぐり、オランダが候補地…

続きを読む

米ゴールドマン、英従業員を3千人に半減も(01/20)

米投資銀行ゴールドマン・サックスは、ロンドンで働く従業員約6,000人を半減する方針だ。うち最大1,000人を…

続きを読む

EU住宅価格、第3四半期は4.3%上昇(01/20)

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは19日、2016年第3四半期 (7~9月)の加盟28カ国の住宅価格が前…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン