ロンドン市長、ブラックキャブ支援策を発表

ロンドンのサディク・カーン市長は13日、ロンドンの名物タクシー「ブラックキャブ」の支援策を発表した。米配車サービス大手ウーバー(Uber)などとの競争に悩む同業界を後押しすると同時に、タクシーのグリーン化を促す。

同市長は、ロンドン交通局(TfL)が管理する市内20カ所のロンドン市バス専用車線を、ロンドンタクシー向けに開放。また、タクシー乗り場の数を2020年までに20%以上増やすほか、TfLの乗り換え案内・時刻表サイト「ジャーニー・プランナー」に2017年夏からタクシー情報を追加する。

「ブラックキャブ」のグリーン化に向けては、来年から大気汚染物質の排出量が多い旧型タクシーの廃車費用を1台当たり最大5,000ポンド補助。また、ゼロエミッション車(ZEV)の購入支援に向け、先着9,000台を対象に1台当たり3,000ポンドを補助する。政府にも追加補助を求めており、実現すれば1台当たりの補助金は計7,500ポンドとなる見通し。さらに、2018年1月以降はディーゼル車のタクシー登録を認めない。

TfLは先に、10月からウーバーを含む民間ハイヤー会社の運転手に、英語の読み書きおよびリスニングのテストを義務付けると発表した。ウーバーはこれを不服とし、TfLを提訴する方針だが、カーン市長は今回、この計画を断行する方針を示している。

同市長は「サービス水準を引き上げ、乗客の安全性を高めると同時に、ユニークでかけがえのないサービスを提供するロンドン名物ブラックキャブの未来を守りたい」と話す。これに対しウーバーは「ブラックキャブを優遇し、ウーバーなどアプリを利用したサービスを差別している」と批判。自社の運転手に負担を強い、結果的に数千人が失職する恐れもあると訴えている。[環境ニュース][労務]


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫社会・事件雇用・労務政治

PR

その他記事

すべての文頭を開く

キエフで「3人の親」持つ子が誕生=世界2例目(01/19)

ウクライナの首都キエフで、「3人の親」を持つ子供が1月5日に誕生していたことが分かった。3人の親の体…

続きを読む

米司法省が和解金を大幅減額 ドイツ銀、RMBSの不適切販売で(01/19)

独金融最大手ドイツ銀行による住宅ローン担保証券(RMBS)の不適切な販売をめぐる問題で、米司法省は17…

続きを読む

米フェイスブック、パリの起業支援ハブに参加(01/19)

米ソーシャルメディア大手フェイスブックは、パリで4月にオープンするスタートアップ・ハブ「ステーション…

続きを読む

スロバキアの自動車生産、104万台超で過去最高(01/19)

スロバキアの2016年の乗用車生産台数は104万台超となり、1年前から約1,000台増えて、過去最高を記録した。…

続きを読む

失業率、横ばいの4.8%=過去11年の最低維持(01/19)

英政府統計局(ONS)は18日、2016年11月(3カ月ベース)の失業率が4.8%となったと発表した。過去11年で…

続きを読む

西自動車生産、昨年は金融危機前の水準に回復(01/19)

スペイン自動車工業会(ANFAC)は17日、2016年の自動車生産台数(トラックと小型商用車含む)が前年比…

続きを読む

水素利用推進へ協議会設立 トヨタやシェルなど世界13社(01/19)

トヨタ自動車や英蘭資本の石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルなど、自動車やエネルギー、製造業の世界…

続きを読む

三井物産、英国で旅客鉄道事業に参入(01/19)

三井物産は18日、オランダ鉄道(NS)系列のアベリオ(Abellio)・グループの英国子会社と、イングランド東…

続きを読む

携帯電話EE、過剰請求で270万ポンドの罰金(01/19)

通信業界の監督機関Ofcomは18日、英通信大手BTグループ傘下の携帯電話EEが顧客約4万人に過剰請求…

続きを読む

バーバリー、第3四半期は3%増収(01/19)

英高級ブランド大手バーバリーは18日、第3四半期(2016年10~12月)の小売事業の売上高が7億3,500万ポンド…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン