総合電機シーメンス、第3四半期は利益横ばい

独総合電機大手シーメンスは4日、第3四半期(4~6月)の純利益が13億7,200万ユーロとなり、前年同期から横ばいだったと発表した。1年前は非継続事業の特別利益が大きかったが、当期は継続事業が好調だった。同社はエネルギー事業の好業績を受け、通期見通しを引き上げている。

売上高は198億400万ユーロと、5%増加。部門別に見ると、主力の電力・ガス部門は32%拡大し、風力発電・再生可能エネルギー部門も22%伸びた。工場のオートメーションを手掛けるデジタルファクトリー部門とヘルスケア部門は共に横ばい。一方、エネルギー管理部門は2%、鉄道などを手掛けるモビリティー部門は1%それぞれ減少した。

受注高は全体で210億6,000万ユーロと6%増えている。金融サービス部門のシーメンスファイナンシャルサービス(SFS)を除く産業向け事業の営業利益は20%増の21億9,100万ユーロ。営業利益率は10.8%と、1年前から1.3ポイント上昇した。

シーメンスは通年について、1株当たり利益(EPS)は6.5~6.7ユーロを見込むとし、前回の6~6.4ユーロから引き上げた。産業向け事業の利益率は、10~11%との見通しを維持した。

■3Dプリンター会社買収

シーメンスは2日、金属3Dプリンターの英マテリアルズ・ソリューションズを買収したと発表した。製造工程のデジタル化の一環。昨年8月に株式14%を取得していたが、これを85%に引き上げた格好だ。

マテリアルズ・ソリューションズは2006年の創業。従業員20人超を擁し、ガスタービンなど高温下で稼働する部品向けの3Dプリンターを強みとしている。[M&A][環境ニュース]


関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電機製造一般天然資源電力・ガス・水道金融・保険商業・サービス運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

自動車シュコダと電力CEZ、EV普及で協力(02/20)

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のチェコ子会社シュコダ・オートとチェコの国営電力CEZが、電気…

続きを読む

ロスネフチ、石油・ガス生産量が過去最高に(02/20)

露国営石油大手ロスネフチ(バシコルトスタン共和国のバシネフチ含む)の2016年第4四半期(10~12月)の石…

続きを読む

米IBMと産業向けIoTで提携 独ボッシュ、AI技術を利用(02/20)

独自動車部品大手ロバート・ボッシュは、米コンピューター大手IBMと産業向けのモノのインターネット(I…

続きを読む

ユーロ圏建設業生産、12月は0.2%減少(02/20)

欧州連合(EU)の統計局ユーロスタットは17日、2016年12月のユーロ圏19カ国の建設業生産(稼働日数・季節…

続きを読む

「VW」乗用車販売、4.9%減少 最大市場の中国が2桁減に(02/20)

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は17日、1月の「VW」ブランドの乗用車販売台数が世界全体で49万…

続きを読む

独政府、仏PSAのオペル買収計画を容認(02/20)

ドイツ政府は、仏自動車大手PSAグループ(旧PSAプジョー・シトロエン)が米ゼネラルモーターズ(GM…

続きを読む

欧州の空港利用者数、昨年は5%増=20億人突破(02/20)

国際空港評議会(ACI)は17日、欧州の2016年の空港利用者数が前年比5.1%拡大し、20億人を初めて突破した…

続きを読む

保険アリアンツ、通期は4%増益(02/20)

独保険最大手のアリアンツは16日夕、2016年12月通期の純利益が68億8,300万ユーロとなり、前期比4%拡大した…

続きを読む

ジェネリック薬のスタダ、新たに1社が買収提案(02/20)

独ジェネリック薬(後発医薬品)大手スタダ・アルツナイミッテル(STADA Arzneimittel)は16日、新たに1社…

続きを読む

インフィニオン、米ウルフスピードの買収断念(02/20)

発光ダイオード(LED)を手掛ける米クリー(Cree)は16日、傘下の高周波(RF)パワー部門ウルフスピー…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン